敏感肌のクレンジングと弱酸性の関係

敏感肌や乾燥肌など、デリケートなお肌を持っている人であれば、弱酸性のスキンケアが良いと耳にしたことがあるという人が多いのではないでしょうか。 私たちのお肌はもともと弱酸性ですから、クレンジングや洗顔フォームなども弱酸性を選んだほうが良いというわけです。

いつも弱酸性のクレンジングを探しているという人も少なくありません。 しかしながら、敏感肌の人にとって弱酸性を意識したいのは、むしろクレンジングの後で使う化粧水なのです。 たしかに、弱酸性を意識して選んだものを使ってクレンジングや洗顔をするということは、けっして悪いことではありません。

とはいうものの、洗顔料が弱酸性であっても、中性の水ですぐに洗い流してしまいますので、それほど大きな効果を得るというわけではないのです。 それよりも意識したいことはクレンジングの後に用いる化粧水が弱酸性であるかどうかということです。 最近ではほとんどの化粧水が弱酸性ですが、なかにはそうでないものもあります。 敏感肌の人は、化粧水の弱酸性をチェックするという意識を持ちましょう。

ページ上部に戻る