クレンジングのしすぎで敏感肌になる理由

クレンジングというのは、清潔で健康的なお肌を保つためには毎日欠かすことが出来ません。 しかしながら、このクレンジングは、ただ何度も繰り返してやればやるほど良いのかと言うとけっしてそうではないのです。 クレンジングによる刺激が敏感肌を悪化させてしまう可能性もあるということは知っておきたい事実です。

人間の髪の毛やお肌、毛穴の中にある皮脂腺が分泌している皮脂によってカバーされています。 これは「皮脂膜」と呼ばれています。 この皮脂膜は天然のクリームと称されることもあり、お肌を覆って保護や保湿という働きを担ってくれています。 皮脂と言うのは1日に1グラムから2グラム程度分泌されています。

しかし、刺激の強すぎるクレンジング料などを使ってダメージの強いクレンジングをしていたり洗顔を何度もやりすぎたりしていると、お肌が皮脂を失われ過ぎて乾燥してしまうのです。 こうなると、ほんの少しの刺激に対してもデリケートに反応してしまう敏感肌へとつながってしまいます。 クレンジングの刺激は常に意識してください。

ページ上部に戻る